管理栄養士の求人情報で注意しておくこと

求人情報で気を付けること

管理栄養士は、資格を持っているとブランクがあっても働きやすいなどのメリットがあります。
また、経験がなくても管理栄養士という資格を持っていることで、優遇されることもあるでしょう。

しかし、管理栄養士の求人情報で注意しておくこともいくつかあります。
今回は、管理栄養士の求人情報で注意しておくこととは、どのようなものがあるのか詳しく解説していきましょう。

管理栄養士が求人情報で注意しておきたい5つのポイント

管理栄養士が求人情報をチェックするときに特に注意しておきたいポイントは、これから紹介する5つです。
管理栄養士が求人情報で注意しておきたい5つのポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。

勤務先はどこになるのか

日本地図

管理栄養士の勤務先には、企業や病院、学校、介護施設など様々な場所があります。
勤務先によって、食事の形態や摂取カロリー、食事を提供する回数、勤務する時間が異なります。

自分自身が管理栄養士としてどのような働き方をしたいのかを明確にすることで、必然的に勤務先は決まってくるでしょう。
そのため、自分が望む働き方ができるのはどのような勤務先なのかを考えなければいけません。

また、委託給食会社の求人の場合は、自分の希望に沿った勤務先にならない可能性もあるので気を付けましょう。
委託給食会社は、パートで現場ごとの募集がかかっていれば募集場所が勤務地になりますが、正社員の場合は委託給食会社の判断で勤務地が決まってしまいます。

勤務体制はどのようになっているのか

スケジュール

勤務体制は、就職先によって異なります。
土日もしくは曜日で休みが決まっている規則的な勤務もあれば、早番や遅番などがある不規則なシフト制の勤務もあります。

また、残業の多さも勤務先によって異なるでしょう。
そのため、どのような勤務体制になっているかも確認をしておくことが大切です。

福利厚生はどうなっているのか

福利厚生も就職先によって異なります。

基本給だけではなく資格手当が支給される場合もあれば、基本給に含まれているという場合もあるでしょう。
また、ボーナスはどのくらいか、社会保険や厚生年金はどうなっているのか、交通費の支給はあるのか、産休や育休は取れるのかなどは調べておいた方が良いです。

資格を活かした仕事ができるのか

管理栄養士の資格を所持しているのであれば、その資格を活かした仕事をしたいと思うのが普通です。
しかし、就職先によっては調理や盛り付けの仕事ばかりになってしまうことがあるかもしれません。

フードコーディネーター

管理栄養士として採用されたのに、献立作成や事務関係の仕事が全くできないのであれば、管理栄養士の業務を進めることができなくなってしまいます。
調理師が少ない場合はそのような働き方になってしまう可能性もありますが、管理栄養士としての仕事ができる環境かどうかあらかじめ確認しておくことで、後悔せずに済みます。

給料を重視する時に気を付けたいことは?

管理栄養士の資格を持ちながら転職活動を行っている方もいることでしょう。
転職活動を行う際に、人によって重視するポイントは異なります。

ただ、多くの方は給料を重視しているのではないでしょうか?

給料を重視する時に気を付けなければいけないことがあります。
どんなことに注意した方が良いのでしょうか?

給料計算

なぜ給料を重視するのか考える

管理栄養士として転職活動を行う理由は様々です。
正社員の求人を探している場合は、キャリアアップだけではなく、より高い給料を得たいと考えている方もいるでしょう。

それに対してパートの求人を探している場合は、限られた時間の中でできるだけ高い給料を得たいと考えている方も少なくありません。

また、いくつかの求人を見比べた時に、同じような条件でも給料が高い方に目が行きがちです。
給料の高さは確かに大切ですが、給料だけに注目してしまうと他の部分を見落としてしまう可能性があるので注意しなければいけません。

ライフスタイルと勤務時間は合っているのか

求人情報を見ていると、様々な勤務時間が記載されています。
転職活動を行う中で給料は大きなポイントになりますが、勤務時間もしっかり確認しておかなければいけません。

特に、子育てをしている方の場合は、保育園などの送迎時間を考慮する必要があります。

勤務時間や休日がどのように設定されているのかも、求人情報で確認しなければいけないのです。
給料の高い管理栄養士の求人があった場合、その中に夜勤手当などが含まれている可能性もあるので、給料だけではなく勤務時間も忘れずに確認しましょう。

福利厚生はしっかりしているのか確認する

転職活動をしている中で、ついつい見落としがちなのは福利厚生です。
福利厚生は、家族手当や住宅手当などの手当、健康診断や予防接種の補助、各種施設の割引などを指します。

会社によっては、特別休暇を設けている場合があります。
福利厚生に含まれている手当は、基本給とは別に支給されるので、基本給が低くても手厚い手当によって収入が増える可能性もあるでしょう。

福利厚生が充実している会社は、経済的な負担を軽減できるというメリットがあります。
そのため、給料だけではなく、福利厚生もきちんと確認しておく必要はあると言えます。

資格手当はどのくらいもらえるのか

管理栄養士として転職を考えている場合は、その資格を活せる求人を探していることでしょう。
求人を確認する時に、資格手当が今の職場より高いか低いかもチェックしてください。

資格手当

求人によって、資格手当が給料に含まれている場合と別途支給の場合があります。

もしも資格手当が別途支給される場合は、いくらもらえるのかを確認しておくと良いでしょう。
特に管理職を募集している求人では、様々な手当てが給料に含まれている可能性もあるので、給料だけに着目するのではなく、資格手当がどの程度もらえるのかも確認することをおすすめします。

管理栄養士の転職を成功させるには?

管理栄養士は栄養士とは異なり、国家資格になります。
そのため、資格を活かした転職をしたいと考える方が多くなっています。

では、管理栄養士の転職を成功させるにはどうしたら良いのでしょうか?
ここでは、管理栄養士の転職を成功させるために知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

考える

応募先の企業を研究する

管理栄養士という資格を持っていても、医療や福祉に関する仕事以外では優遇されることはありません。
もちろん、管理栄養士を活かせる職場であれば、資格を持っていることは大きなアピールになるでしょう。

しかし、必ずしも資格を活かせる職場で働けるとは限りません。
そのため、応募先がどのような企業なのかをしっかりと研究しておく必要があります。

面接官に良い印象を持ってもらうためには、きちんと企業の研究を行い、活躍できるスキルがあるということを伝えることが大切になります。

管理栄養士というアドバンテージを活かす

管理栄養士としてこれまで働いてきた経験の中で、それ以外の仕事でも役立つスキルなどが身に付いたはずです。
そのスキルを活かせるということを伝えられれば、魅力を感じてもらえるでしょう。

また、資格とは関係ない部分になりますが、自分自身の長所を述べられる、どのように貢献できるか伝えられるというのも大きなポイントになります。
長所や貢献できることは、これまで管理栄養士として働いてきた中で気が付いたものであればなお良いです。

管理栄養士という資格を活かせる転職先も選べる

管理栄養士という資格を活かせる転職先にはどのような場所があるのかもチェックしておきましょう。

管理栄養士の資格を活かせる転職先には、学校や医療機関、スポーツの現場、研究職などがあります。
学校の管理栄養士は、給食の献立作りや栄養素の計算などを行うだけではなく、子どもたちの成長をサポートする食育や肥満などの個別指導を行います。

給食

医療機関の管理栄養士は、病状に合った献立を作ったり、栄養の指導や管理を行ったりします。
医療機関の場合は、医師や看護師と連携して働くので、高度な知識や技術が必要になるでしょう。

スポーツの現場で働く管理栄養士は、選手のパフォーマンスを高めるために必要な食事の提供や栄養指導を行います。
研究職の管理栄養士は、大学や企業の研究室で栄養に関する研究を行ったり、食品関連会社で食品の研究や開発を行ったりします。

管理栄養士の資格を活かして転職をする場合は、このように幅広い転職先があるので、自分自身のライフスタイルなどに合わせて選べるでしょう。
自分自身がどのような働き方をしたいのかということを明確にできれば、ある程度絞られてくるはずです。

管理栄養士におすすめの転職先

管理栄養士の資格を活かせる転職先をいくつかご紹介しました。
様々な職場で活かせる資格だということが分かったはずです。

そんな管理栄養士は、実は美容業界でも活かすことができます。
ここでは、管理栄養士におすすめの転職先としての美容業界をご紹介しましょう。

給食関連の仕事はハードワーク

ここまでで紹介してきた管理栄養士の転職先は、ほとんどが給食関連です。
管理栄養士の仕事は、献立作りや栄養指導だけではなく、厨房に入ることもありますし、介護施設の場合は食事介助を手伝うこともあります。

その他にも、経管栄養の管理や食材の発注、請求書の作成など栄養関連以外の仕事もたくさんこなさなければいけません。
就職先によっては、これらの仕事を1人でこなさなければいけないこともあるので、ハードワークだと言えるでしょう。

ハードワーク

トラブルが発生した場合は、厨房と施設の板挟みになってしまうこともあるので、人間関係などの悩みが増えてしまう可能性もあります。
給食関連の仕事はやりがいがありますが、1人で全てこなさなければいけないプレッシャーなどが非常に大きいということになるのです。

管理栄養士の資格は活かせますが、ハードワークになると身体的にも精神的にも厳しい状態に陥ってしまう場合も少なくありません。

美容業界でも活躍できる管理栄養士

管理栄養士というと、給食関連の仕事を思い浮かべる方が多いでしょう。
しかし最近は、美容業界で活躍する管理栄養士も増えています

その中でも特に、インナービューティサロンなどで働くケースが増えています。
では、管理栄養士が活躍するサロンにはどのような場所があるのか見ていきましょう。

インナービューティサロンで資格を活かす

管理栄養士 仕事 種類

インナービューティサロンは、ファスティングの指導を行ったり、食生活についてのアドバイスを行ったりするサロンです。
野菜や果物を使ったファスティングを行うことで、体の内側から綺麗になるサポートをしてくれます。

ファスティングの正しい方法を教えてくれるだけではなく、栄養のプロが食事の指導もしてくれるサロンなので、管理栄養士の資格も活かせます。

栄養の指導を行うためには、国家資格である管理栄養士を持っていた方が信頼でき、顧客満足度も高まるでしょう。
このことから、インナービューティサロンでは管理栄養士が重宝されるのです。


エステプロ・ラボサロンの大元であるプロラボ ホールディングスでは、インナービューティーを目的とした食品の開発などを行っています。
エステプロ・ラボサロンやプロラボ ホールディングスにおいて管理栄養士は、顧客の問題を解決するための専任担当者として、食事やサプリメント、ファスティングを通じた健康指導を行います。

管理栄養士 活躍の場

エステプロ・ラボサロンやプロラボ ホールディングスで活躍するためには、酵素栄養学についての知識も必要になりますが、ファスティングについて学ぶ中でその知識を身につけられるので心配いりません。

また、プロラボ ホールディングスでは、プロラボの商品を紹介し広めるインストラクターにもなれます。
そのため、キャリアアップしたいと考えている方にも最適です。

管理栄養士の資格を活かして美容業界で活躍したいのであれば、プロラボ ホールディングスがおすすめです。

管理栄養士という資格は、転職の際にも大きな強みになります。
しかし、管理栄養士の求人情報で注意しておくことを知っておかないと、後々後悔してしまう可能性もあります。

今回の記事では、管理栄養士の求人情報で注意しておくことや管理栄養士の転職を成功させるポイント、管理栄養士におすすめの転職先をご紹介しました。
これらを参考にしていただければ、後悔のない転職へとつながるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー