【管理栄養士 求人 東京 】管理栄養士が東京の求人で正社員になるなら

国家資格である管理栄養士は、手に職もあって困らないというイメージを持たれている方も多いのですが、実は管理栄養士の仕事がなかなか見つからないという方がとても多くいらっしゃいます。

仕事が全くないというわけではないのですが、管理栄養士は仕事が多いのに関わらず待遇があまり良くないため仕事が長続きしないケースも・・・。
特に地方だとどうしても管理栄養士が働ける場所というのは限られてしまいます。

東京ではどのような求人が見つかるのでしょう?
まずは管理栄養士が東京の求人から正社員になるなら、どのような仕事があるのかご紹介していきます。

>>美容業界で活躍したい方はこちらもチェック!

目次

管理栄養士の求人~東京で正社員に!

病院や介護施設など

一般的に多く見られるのが、やはり病院や介護施設といったところです。
病院や介護施設では栄養管理から給食の献立作成、栄養指導など、様々な仕事を行います。

病院食

大きい病院以外にもクリニックといった小規模の医療施設でも管理栄養士を募集している場合もあります。
介護施設も、民間企業が運営する介護施設の場合、栄養はもちろんですが食に対して非常に強いこだわりを持つ施設もあります。

美味しいものを味わってほしいと考える方は、そういった施設への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

専門学校の実習教員

栄養士を育成する専門学校の場合、調理実習は定期的に行われます。
大勢の生徒を相手に教員が一人で担当することは非常に大変です。

そこで、専門学校の実習教員も管理栄養士として働ける職種となっています。

学校

専門学校なので栄養士もしくは管理栄養士の資格が必要になってきますが、最初は助手として担当していても徐々に学生指導を行なっていったり、実習の主任にまでキャリアアップを目指すこともできるので、「先生」として働きたいという方にもおすすめです。

スポーツジム

近年、スポーツジムでも食事管理・指導を行うところが増えてきています。
特に東京のスポーツジムでは栄養士・管理栄養士の資格を持つ人を採用し、本格的な栄養指導を行うスポーツジムもあります。

スポーツジム

健康な人、もしくは痩せたいと考えている人に向けての栄養指導となるため、病院や施設で行なっていた栄養指導とは異なりますが、ダイエットに関心を持っている方はスポーツジムで正社員として働くというのも良いでしょう。

商品開発

健康食品や美容系など、企業によって様々な商品開発が行われます。
募集をかけている企業の中には、栄養士・管理栄養士の知識が活かせる商品開発に絞って募集しているところもあるので、そういった企業を狙っていくと働きやすくなると言えます。

製品開発

また、商品開発の場合は商品のコンセプトからパッケージに至るまで、幅広く商品に関わることになってきます。
そうなってくると段々商品に愛着も湧いてきて、それが実際に店頭に並ぶ姿を見ると感慨深いものがあります。

大変な仕事でもありますが、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

ソフト開発

管理栄養士として働いている方の多くは、栄養管理ソフトを利用して効率良く仕事をこなしています。
その栄養管理ソフトを開発する仕事にも、管理栄養士の知識が必要です。

ソフト開発というと難しい部分もありますが、プログラミングの技術を身に付けておけば十分に働ける仕事でもあります。

また、開発に携わるのではなく、自社で製作した栄養管理ソフトを多くの人に試してもらえるように各施設へ出向き機能提案や操作説明などを紹介する仕事もあるので、プログラミングができないという方も安心して働けます。

美容系サロン

美容系サロンというと、あまり管理栄養士の資格が活かせないのでは?と思われるかもしれません。
しかし、近年では「インナービューティー」が注目されており、体の内側から綺麗になることを目標にしてアドバイスするサロンも増えてきています。

インナービューティサロン

そういったサロンであれば管理栄養士の資格を活かしながら正社員として働くこともできるでしょう。

ただし、こういったサロンはまだ東京などの都心でしかあまり見られないため、現状ではサロンで働こうと考えた場合、上京しなくてはならないケースもあるでしょう。

 

管理栄養士の知識を活かし、正社員として働ける職場をご紹介しましたが、この他にも様々な職場がみられます。
やはり、様々な職場があるのは東京で働く利点とも言えるでしょう。

地方にはない、新しい業界で管理栄養士の知識を活かしたいという方は、東京で働くことも視野に検討してみてはいかがでしょうか?

管理栄養士が東京の企業で働きたいなら

病院や介護施設などで栄養管理や献立作成をするのではなく、もっと違うアプローチから栄養に携わっていきたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

そんな時は企業で働くことがオススメです。
企業の場合、管理栄養士の知識を活用しつつ、対象者が異なるので仕事の幅も広がっていきやすいです。

>>企業で活躍したい方はこちらもチェック!

では、管理栄養士が企業で働く場合、どんな仕事をすることになるのか、また企業では管理栄養士の知識・スキル以外にどんな知識が必要となるのかご紹介していきましょう。

東京の企業で働いた場合の仕事内容

企業で働いた場合の仕事内容は、基本的に各企業によっても異なりますが、大まかに紹介すると以下のような項目に分けられます。

・商品を紹介したり、情報を提供する仕事
・商品と関連した栄養情報を提供する仕事
・書類作成や電話応対などの事務作業
・POP作成
・販売
・営業用の資料作成
・商品開発
・勉強会の開催
・取引先との交渉

企業では基本的に自社が製作・製造した商品を販売する形が多くみられます。
そのため、事務作業や商品開発の他にも、営業分野の中で働くことも多いようです。

営業先に渡す資料を作成し、いかに商品の良さを伝えられるかが重要なポイントとなってきます。
また、実際に店舗へ出向いて販売を行なったり、POPを作って手にとってもらいやすいようにしたりと、様々な業務をこなさなくてはなりません。

もちろん、全ての会社がこれらの仕事を行っているのかというとそうではないのですが、こういった仕事もあって実際に入社した場合、行うかもしれないということを頭に入れておくと良いでしょう。

東京の企業で働く管理栄養士に求められている知識・スキル

企業で働く場合、栄養管理や献立作成といった仕事は行わず、上記に挙げたような仕事をすることになります。
ただ、上記の仕事は全て管理栄養士の知識・スキルが活かせるわけではありません。

むしろ、企業で働くことならではとも呼べる、知識やスキルが求められているのです。
では、栄養に関する知識以外にどのような知識・スキルを持っておくと企業でも働きやすくなるのでしょうか?

コミュニケーション能力

管理栄養士にとって、栄養指導をするにあたりコミュニケーション能力というのは必須です。
これは、企業で働く場合も変わらず、相手の話を聞くこと、自分が思っていること・考えていることを言葉で伝えることが重要になります。

例えば、取引先に商品を説明したり、会議を行なったりする際に、自分の意見をハッキリ言わないといけない場面というのは多く存在します。
こうした中できちんと自分の考えを伝えられないと、会議の進行が滞ったり、うまく商品を説明することもできなくなってしまうでしょう。

そうならないように、コミュニケーション能力を磨き、自分の考えを表現する力も必要と言えます。

専門知識をわかりやすく伝えるスキル

管理栄養士として豊富に得た知識は、企業で働く時も十分活かすことができます。
しかし、その専門的な知識は他の人にわかりやすく伝えなければ意味がありません。

専門知識に関してしっかりと咀嚼し、自分の物にしてから他人にもわかりやすい形でアウトプットするということは非常に重要です。
特に、商品開発などでプレゼンテーションを行う場合、知識のない人でもよりわかりやすく説明することで、商品の良さも伝わりやすくなります。

こちらもコミュニケーションと同様に必要なスキルであると言えるでしょう。

情報収集力

商品開発などを行う場合は特に、情報収集力というのは必要となります。
そもそも「情報収集力」というのは、より短い時間で幅広い情報から必要な情報を集め、まとめる力を指します。

例えば、「今のトレンドを知って商品開発に活かしたい」という場合、今のトレンドを調べて、まとめていく必要がありますが、インターネットからトレンドを拾おうとすると、様々な情報源の中から効果的な情報を探さなくてはならないのでかなり大変です。

また、出典元が不明の場合、確かな情報とは言えないので本当に正しいトレンドなのかわからない場合もあります。
正しい情報を、いかに短時間で見つけられるのかが情報収集力となるので、企業で働くことを考えている方はぜひ情報収集力も身に付けましょう。

商品やメニューを開発する力

企業で働く管理栄養士の多くは、商品やメニューを開発する仕事に携わります。
商品やメニューはトレンドを取り入れつつも、新しいものを開発していかなくてはなりません。

そのため、管理栄養士も開発力を身に付ける必要があります。
開発力は、商品の対象となるターゲティングを行いつつトレンドの流れや競合他社の動向を知る必要があります。

また、発想力を広げて失敗を繰り返すことも大切です。
「失敗は成功の母」という言葉があるように、地道にコツコツと、コンスタントに作業を繰り返すことで、より良い商品開発につながります。

開発力を高めるためにも、日頃から様々なものに興味を持ち、フットワークを軽くして様々な経験をしておくと開発力に活かせる可能性が高くなるでしょう。

企業で働く管理栄養士に求められている知識・スキルは、今まで施設などで働いてきた管理栄養士にとって、あまり必要でなかったものもあれば、延長線上で活用される知識・スキルもあります。

企業で働きたいと考えている方は、ぜひ企業で働くことを視野に入れながら、上記で紹介した知識・スキルを身に付けておきましょう。

管理栄養士が東京で働くメリット

管理栄養士の仕事は東京だけでなく、それぞれの地方にももちろん存在します。
そんな中で、なぜ東京で求人を探した方が良いと言えるのでしょう?

管理栄養士が東京で働くメリットを中心にご紹介していきます。

東京ならでは!選べる業界・仕事が多い

一番のメリットは、やはり選べる業界や仕事が多いという点です。
東京の人口は推計ですが2017年8月で約1300万人となっており、日本の人口(約1億2700万人)の約1割程度が東京都に集中していることになります。

人口が多いということは、それだけ仕事も多く見られるということにつながるでしょう。
これは管理栄養士だけではなく全ての職種においても言えます。

また、東京には上場している企業の本社も多く、管理栄養士が企業で働こうと考えた場合、地方を探すよりも東京で探した方が早く見つかりやすいのです。

もちろん、選べる企業の数が多いということは自分がやってみたい仕事というのも見つかる可能性が高くなります。

キャリアアップが目指せる

地方ではなかなか見られない仕事も多い東京では、キャリアアップを目指せる仕事も多く存在しています。
管理栄養士で働くとなると、なかなかキャリアアップできないのが実情です。

例えば施設で働いた場合、管理栄養士の上になる職種はほとんどなく、しいて挙げるならば数人の管理栄養士をまとめ上げる「主任」の立場程度です。

しかも、リーダー的存在になったところで給料や福利厚生が変更されるのかと言われれば、そうでない施設も多く存在するでしょう。
東京では働く場所が多いということもあり、施設だけではない場所でも働くことができます。

全ての職場でキャリアアップが目指せるというわけではありませんが、豊富な求人から探していけば、キャリアアップを目指せる仕事も見つかることでしょう。

東京なら給料が高い求人も多く見つかる

東京は、地方に比べると給料が高い求人が見つかりやすいというメリットがあります。

これは、厚生労働省の「都道府県、性、学歴別新規学卒者初任給額(平成26年6月分)」を見ると、大学卒では東京都の場合、男性平均が21万4100円なのに対し、地方の中で一番低い鹿児島県は17万8400円と、3万5700円の差がありました。

また、女性平均に関しても東京都では20万9800円なのに対し、一番低い沖縄県では16万5900円で差が4万3900円と大きく広がっています。

この差を見てもわかるように、東京では比較的給料が高く、管理栄養士など資格を持っている人ならより高い給料をもらうことができる可能性が高いと言えるのです。

プライベートでも東京のメリットは大きい

働くだけではなく、プライベートに関するメリットが大きいのも東京で働く魅力と言えるのではないでしょうか。
例えば、地方に比べると繁華街も多いため、一人もしくは友達と遊べる場所が多く存在します。

また、メディアなどで紹介されていたお店も近所に会って行きやすかったり、話題になる前に自分のお気に入りのお店を探すこともできるでしょう。

これは、飲食店や様々なお店が建ち並ぶ東京のメリットと言えます。
さらに、東京は利便性の高いエリアになるので、電車やバス、新幹線など公共交通機関が整備されています。

そのため、地方に旅行へ行ったり帰省にも便利です。

東京で働くことはメリットばかりではない

管理栄養士が東京で働くメリットをいくつかご紹介してきましたが、残念ながら東京で働くことはメリットだけではなくデメリットもあります。
きちんとデメリットを理解した上で東京で働くということを考えてみてください。

地方に比べると他人との干渉が少ない

地方では近所の方同士のコミュニティが深くなりやすいのですが、東京では近所の方とコミュニティが深くなることはかなり少ないです。
下町に住むと近所同士で助け合う姿もよく見られますが、基本的には他人との干渉が少ない環境で住むことになるでしょう。

物価が高い

地方に比べて東京は物価が高いというデメリットがあります。
人気のエリアになると賃貸相場も東京と地方で同じ間取りであっても数万円の差が生じる可能性があります。

お金をあまり掛けたくないという人は、ルームシェアなどもオススメです。
ルームシェアによって家賃が減り金銭的な余裕も生まれやすいでしょう。

仲の良い友人もしくはルームシェア希望の方と協力して暮らす方法で、物価のデメリットは解消することができます。

このように、東京で働くことにはデメリットもありますが、対策方法はいくらでもあります。
デメリットを解消しつつ、東京でも快適な暮らしを手にすることができれば、仕事にも集中することができるでしょう。

東京で管理栄養士として働くなら

東京で管理栄養士として働くなら、やはり東京でしか働けない、地方にはないような求人に応募したいという方も多いでしょう。

例えば病院や介護施設などは地方にもありますが、東京には他にも上記で紹介したような、様々な職種から選ぶことができます。
せっかく東京で働こうと考えるのであれば、東京でしか働けないような求人を探してみてはいかがでしょうか?

特にオススメしたいのが、美容系の管理栄養士求人です。
どのようなものがあるのか、ご紹介していきましょう。

美容系の管理栄養士求人について

東京には様々な職種があることをご紹介してきましたが、中でも地方にはかなり少なく、東京にある職種といえば、美容系の管理栄養士求人です。

>>美容業界で活躍したい方はこちらもチェック!

管理栄養士というと、食事・栄養関連や食品開発、衛生関連などといった業種を思い浮かべる方も多いかと思いますが、美容系の管理栄養士求人も東京には存在します。

美容サロンで働く場合、エステティシャンのような施術を行うのではなく、管理栄養士によるカウンセリングが基本的な仕事です。
その人の食習慣をカウンセリングし、美容の観点からその人に適した食事指導を行なっていきます。

病院や介護施設で行うような栄養指導と似ていますが、基本的には健康な人に向けて指導していくため、その人の希望に応えられるような食事を指導していく必要があります。

そのため、栄養の知識だけではなく美容に関する知識も身に付けておくと良いでしょう。

また、美容サロンで働くことによって、自らの意識も高まって美しい姿でいようと心がけるようになります。
すると自分に自信が持てるだけでなく、サロンに来店した方からも、信頼感を得られやすくなります。

このように、良いサイクルを生み出してくれるため、非常に働きやすくやりがいのある職場だと言えるでしょう。

東京の美容系サロンの中でもオススメは?

東京には数多くの美容系サロンがありますが、その中でも特に管理栄養士が働く職場としてオススメなのが、「プロラボ ホールディングス」です。
株式会社エステプロ・ラボは「株式会社プロラボ ホールディングス」に社名変更いたしました。

エステプロ・ラボサロンは、会員制のインナービューティーサロンで、女性の内面の美しさに特化したカウンセリングやその人に適した商品を提案していく美容系サロンです。

どんな特徴を持つサロンなのか、見ていきましょう。

一人ひとりに合った美容づくりをサポート

人間の肌や体の機能、体質などは個体差があります。
例えば、女性が気になる肌も、乾燥肌の方もいれば脂性肌の方もいて、どちらも持ち合わせている混合肌の方もいます。

体が一人ひとり違うからこそ、カウンセリングというのは重要になってきます。
その人が抱える悩みや食習慣などをヒアリングしていき、どうしていくべきかを考えて食事指導などを行なっていきます。

管理栄養士の仕事の一つでもある栄養指導とカウンセリングは近い要素も多いので、転職を検討されている方も自分の持つスキルが活かせる職場だと言えるでしょう。

正しい「ファスティング」を指導

近年ファスティングがブームになっていますが、実はきちんと行えていない方が多くいらっしゃいます。
正しいやり方でファスティングを行わないと体調を崩してしまう要因にもなるので気を付けなくてはなりません。

しかし、ファスティングは消化器官を一旦休ませて体内で作られる酵素を温存させ、代謝酵素を活性化させることで体の中から美しくなれる方法でもあります。

ファスティングの理論から実践方法などを分かりやすく説明し、独自開発したクレンズドリンクを用いながら美容やダイエット、健康づくりのためのファスティング指導をおこなっています。

サプリメントの活用方法をレクチャー

肌トラブルや美容に関するトラブルなど、女性が抱える悩みは数多くあります。

それらについてしっかりとヒアリングを行い、食生活の見直し・改善を進めながら、どんな栄養素を積極的にとると良いのかを分かりやすく説明していきます。

この時、どうしてもなかなか食事から摂取できない栄養素があれば、補給するためのサプリメントの活用方法も一緒にレクチャーします。

酵素やファスティングの知識がなくても大丈夫!

管理栄養士は「酵素」に関する勉強も行いますが、あまり重要視されておらず、仕事上でも意識する機会がないため酵素についてよく分かっていないという管理栄養士の方も多いでしょう。

また、ファスティングも自分でやったことがないという方もいらっしゃるはずです。


プロラボ ホールディングスではそういった方も就職後に酵素栄養学についてやファスティングに関する知識などもしっかり勉強してから仕事を始めることができます。

美容サロンで働いたことがない、酵素について詳しくないから働けないのでは?と悩んでいる方こそ、プロラボ ホールディングスがオススメなのです。

また、管理栄養士以外に美容に関する資格が必要なのでは?と考えている方も、安心してください。
プロラボ ホールディングスなら基本的に管理栄養士以外の資格は必要ありません。

管理栄養士自体、高い知識とスキルを要する資格ですから、管理栄養士の資格だけで十分なのです。

東京で管理栄養士として働きたいという方は、ぜひプロラボ ホールディングスの求人を見てみてはいかがでしょうか?
東京でしかできない、管理栄養士の働き方を見つけられるかもしれません。

>>プロラボ ホールディングスの求人情報はこちらをチェック!

管理栄養士 求人 東京 最新情報

管理栄養士の東京での求人情報をお探しの方へのご案内ページです。

管理栄養士で東京で働きたい、健康食品に携わりたい、内面的健康美を追求したい、美容業界で華々しく活躍したい、などとお考えの方は参考になさってみてください。

>>求人・採用に関するお問合せはこちらから

管理栄養士は美容業界(東京都内)でも大活躍!

現在は、管理栄養士の方々に以下の株式会社プロラボ ホールディングスが運営する、以下のインナービューティサロンで勤務して頂きたいと考えております。

一般的なエステサロンのような施術を行う仕事ではありません。
管理栄養士の方には、管理栄養士ならではの知識を活かし、エステプロ・ラボサロンで最新の酵素栄養学を学びながら、内面美容をサポートするカウンセリングを行っていただきます。

東京都内に3店舗

エステプロ・ラボサロンは現在東京都内に3店舗運営しております。

雇用形態につきましては以下のリンクをチェックしてください。

管理栄養士としてまだ勤務したことのない方、東京都内で働きたい新卒者のエントリー大歓迎!
顧客様に寄り添うカウンセリング指導を行えるよう、しっかり学びながらともに成長できる場を提供いたします。

>>求人・採用に関するお問合せはこちらから

エントリーが完了いたしました。 担当者からのご連絡をお待ちくださいませ。

{{data.title}}
{{data.subtitle}}
{{row.label1}} *
       
{{ row.answer }}

東京都内で人気のエステプロ・ラボサロンとは

エステプロ・ラボサロンは、株式会社プロラボ ホールディングスが製造する「一般的な健康食品とは一線を画した」プロ仕様の製品も取り扱っています。
酵素ドリンクをはじめ、各種サプリメント、ハーブティ、コスメなど、管理栄養士の立場から見てもクオリティが高いものばかり。

母体である株式会社プロラボ ホールディングス本社は、東京都内でも人気の港区にあります。

株式会社プロラボ ホールディングス本社
〒108-0073 東京都港区三田3-7-18 THE ITOYAMA TOWER 7F
Tel:03-6436-9750(代表) Fax:03-6436-9751

株式会社プロラボ ホールディングス本社が造り出す、しっかりとしたエビデンス、原材料選定、製造過程を経た安心できる製品は、多くの著名人にも愛用され、メディアでも注目が集まっています。

東京で華やかに働きたいと考える管理栄養士の方へ

管理栄養士として、東京で華やかに働くのなら美容業界!
なおかつ、エステプロ・ラボサロンで提案しているインナービューティの重要性は、今後更に美容業界でも注目を集めることでしょう。

管理栄養士ならではの知識に加え、エステプロ・ラボサロン入社後に学ぶ酵素栄養学をもとに、沢山のお客様の内面からの美、そして健康を提案していきませんか?

エステプロ・ラボサロンのスタイリッシュな店内はもちろん、女性としてモチベーションがあがる仕組みがエステプロ・ラボサロンには沢山あります。

 

例えば、都内にあるエステプロ・ラボサロンでは、社員一人一人の個性を生かした「制服」を用意しています。
一見、ブラックでシンプルに見えるこの征服ですが、襟の空き具合やカット、そしてウエスト部分のフリルなどは、それぞれの社員によって違うんです。

下の写真は社員のオフショットになりますが、それぞれの制服のデザインに注目してみてください。
微妙に異なる襟のカットや、ウエスト部分のプリーツの入り方など、デザイナーとともに、社員それぞれの希望も取り込んで製作されています。

スタイリッシュなサロンで、東京ならではともいえる著名人を対応する立場になりますから、おのずと社員一人一人の美意識も高まっていきます。
東京で、管理栄養士の資格を活かしながら華やかに活躍できる場所、それがエステプロ・ラボサロンです。

>>求人・採用に関するお問合せはこちらから

東京ビックサイトで開催される「ビューティワールド」での立ち位置

ビューティワールドといえば、東京ビックサイトで行われる国内最大級の美容の祭典です。
国内外問わず、2018年は530社以上の出展が決定しています。

当日、東京ビックサイトへ来場するのは65,000名ほど。
毎年、商談エリアや展示、セミナーなどが行われ、最先端の美容業界を知ることのできる格好の場所であるといえます。

エステ・プロラボは、毎年東京ビックサイトで最大級ともいえる大きなブースを出展しています。
国内のサロン様への製品シェア率は、他企業様とは一線を画したものとなりつつあります。

美容に携わる方であれば、知らない人はいない、というところまでプロラボ ホールディングスは急成長しています。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー