管理栄養士の業界別おすすめ就職先ランキング

管理栄養士の就職先には様々な業界がありますが、中でもどんな業界がおすすめなのか気になる方も多いでしょう。
特にこれから転職を考えている方の中には、今までいた業界ではなく、違う業界で働いてみたいという方もいらっしゃるかと思います。

今回は、そんな方に向けて業界別のおすすめ就職先ランキングをご紹介していきます。
ぜひ、こちらのランキングを参考に、管理栄養士としてどんな就職先を選ぼうか検討してみてください。

1位:美容業界

管理栄養士が就職先として一番おすすめなのは美容業界です。
管理栄養士として働ける職場は学校や病院だけでなく、美容業界でも知識やスキルを活かすことができます。
ここでは、美容業界で働くメリットについてご紹介していきましょう。

美意識が高くなる

例えば美容業界の代表格である美容サロンやエステサロンでは、外見だけでなく体の内側からきれいになっていくための食事のプログラムをアドバイスするところも多いです。
そのため美容業界で活躍する管理栄養士は、内側からのケアを具体的にアドバイスすることで自分自身に対する美意識も向上させることができます。

また、美容に関する知識を得ることもできるでしょう。
サロンなどに来店した利用者がより美しくなるために、お客様の食事内容やライフスタイルをヒアリングしながら改善できる点を指摘・アドバイスを行っていきます。

指導をしていきながら「一緒に美意識を高めていこう」というやりがいもあります。

医療や給食業界に比べて穏和な環境

医療や給食業界では職場によって管理栄養士も調理をするケースもあります。
栄養管理を行った上で自ら食事を提供するパターンも多く、調理現場で一日中立ち仕事になる可能性も少なくありません。

年間を通して調理場の温度差が激しく、冷えや暑さ対策を講じなければなりません。
また、思い材料を運んだり時間内に食事を作り終えなければならない焦りに追われることでしょう。

調理員の一員として衛生管理の厳しさも徹底しなければならない立場と比較すると美容業界はこのような激務にさらされることがないので、精神的な負担も少なくなります。

医療に関しては時に生死に関わるような責任を強いられることもありますが、少なくとも医療業界よりは楽観的に取り組むことができます。

ダイエット関連で働くことが可能

美容といっても様々な分野がありますが、栄養と関係性が深いダイエット関連も栄養管理士としての知識が有効になります。
ダイエットと聞くと、食事を制限したり運動をするイメージが強いのですが、健康的に痩せるためには栄養を補いながら痩せていくのが基本となります。

ダイエット食品を扱うメーカーや開発者の中でも管理栄養士が活躍していることも多く、ダイエットや体力づくりに有効な食事内容をアドバイスしていくことが必要になってきます。

ダイエットをする上で必要となる運動面の知識も同時に備えることができるので、自分にとっても有利な運動方法を身につけることができるでしょう。

内面から改善していくアドバイスによって見た目の効果による達成感を味わうことができるのも美容業界ならではの魅力です。
利用者が望む結果を得ることができた時、一緒に喜びを共感できるようなシーンも多いのでやりがいにも結びつくことでしょう。

心理カウンセラーのスキルを発揮できる

管理栄養士の仕事は栄養指導や献立に限らず、利用者の話や悩みを熱心に聞き入れることも業務の一貫です。
美容業界では外見にコンプレックスを持った人が多いため、心理カウンセラーとしての知識が非常に役立ちます。

自分に話を打ち明けてくれるまでの関係性を築きあげていくことに喜びを感じる場面も出てくることでしょう。

2位:医療業界

ランキング2位は医療業界です。
医療業界での管理栄養士は、食事の面から患者の回復・健康維持をサポートします。
最近では、管理栄養士の美容クリニックでの雇用も多くなってきています。

入院している患者の食事管理や、外来患者に対する栄養指導などが主な役割です。
医療業界で働くメリットを見ていきましょう。

知識や経験を積むことができる

医療現場での勤務では、食事の量や栄養バランスの他に、咀嚼が難しい、継腸・静脈栄養を行わなければならないといったケースにも対応しなければいけません。
そういった様々なケースや症例に対応していく内に経験が積まれ、能力を高めていくことができるというメリットがあります。
医師や看護師と意見交換をする場も多いため、医療の現場に対する理解も深まります。

待遇が良い

総合病院などの大きな施設で勤務する場合は、給与をはじめ、待遇の面でも大きなメリットがあると言えるでしょう。
管理栄養士は、就職先によって年収にも差がある職業です。
そのため一口には言えませんが、公務員の管理栄養士の平均年収は、およそ490万円と言われています。
公立の病院に勤務する場合は、一般的な年収を上回る場合が多いと言えるでしょう。
また、総合病院など、規模の大きな病院に勤務する場合は、食材の急な注文や変更にも対応してもらいやすいというメリットもあります。
医療業界は福利厚生がしっかりしている場合が多いため、待遇が良い、働きやすいといった点でも人気のある現場です。

今後も需要が高まっていくことが予想される

医療現場での管理栄養士の役割の1つに、「NST専門療法士」というものがあります。
NST専門療法士は、医師や薬剤師らと連携して患者のサポートを行う仕事のことです。

NST(栄養サポートチーム)の仕組みは医療現場で広く取り入れられており、今後さらなる発展が期待できます。
この他にも、「がん病態栄養専門管理栄養士」の認定資格ができるなど、医療現場における管理栄養士の需要は高まっています。

このことから、管理栄養士にとって医療業界は、安定して仕事を続けられる現場であると言えます。

3位:給食業界

管理栄養士のおすすめの就職先3位は給食業界です。
委託給食会社に所属し、学校、福祉施設、保育園など、様々な場所に配属されます。

就業先によって仕事内容にも違いがありますが、給食の献立作成、食材の注文、会計などが主な仕事です。
アレルギーへの対応や栄養バランスを考えた献立を作成する他、最近では食育の推進を任される場合もあります。

給食業界で働くメリットとしては、以下のものが挙げられます。

休日が多い就業先もある

小学校や中学校などに勤務している場合は、休校期間があるため休日数も多くなる傾向があります。
また、学校や保育園で勤務する場合、午後16時頃には終業することが多く、残業も比較的少ないです。

就業先によって差がありますが、特別休暇や休日の多い就業先があることもメリットの1つと言えるでしょう。

働く場所を変えられる

委託給食会社に勤務している管理栄養士は、社員食堂、学校、保育園など、様々な施設に派遣されます。
そのため、引越しなどで勤務地が変わってしまう場合も、転職せずに働くことができます。

また、就業先によって様々な経験ができるというメリットもあります。
就業先によって必要な工夫やメニュー、年齢層などが違うため、様々なニーズやケースに対応しなければなりません。
これまでに培ってきた知識、経験を活かすことができ、さらなるスキルアップも期待できます。

需要が高い

委託給食会社の多くは人手不足に陥っているため、人材の需要が非常に高くなっています。
そのため、就職・転職も比較的容易であると言えるでしょう。
また、就業先も多岐にわたるため、需要が安定している職業です。

ただしその反面、同僚に年配者が多い傾向があったり、孤独感を感じるという声も多いのが実情といえるかもしれません。
そして多くの現場では、管理栄養士は1現場に1名であったりすることもあります。

管理栄養士 就職先 ランキング・美容業界で働くならエステプロ・ラボサロンがおすすめ

管理栄養士の就職先は美容業界で活躍するのが一番おすすめですが、「プロラボサロン」は管理栄養士が持つ資格を有効に活かすことができるインナービューティー専門のサロンです。

管理栄養士のノウハウをどのように活用していくことができるのかご紹介していきます。



プロラボサロンの定義とは

プロラボサロンが推奨するインナービューティーとは「食事指導・サプリメント指導・ファスティング指導」この3つの定義を軸にサポートしています。
管理栄養士やプロカウンセラーによって利用者一人ひとりに寄り添いながら目的・課題に沿って指導を行っていきます。

生活習慣21項目のチェックシートを採用

管理栄養士やプロカウンセラーが利用者の食生活や生活習慣、運動習慣など一日のスケジュールの流れに関する全21項目のヒアリングを行い、普段の生活を利用者と共に振り返りながらリストチェック・分析に反映させていきます。

食生活に起因した分析を行う

普段の生活習慣のヒアリングをもとに食生活のリスクを酵素栄養学に基づいて分析していきます。

1.たんぱく質
2.脂質
3.糖質
4.ビタミン
5.ミネラル
6.食物繊維
7.水分
8.酵素
9.発酵
10.活性酸素
11.有害物質

1~9の項目はどのくらい不足しているか、10・11の項目はどれだけ蓄積しているかの分析結果を出します。
この他にも体組成計測定・毛細血管血流観測・DNA検査キットなどの検査メニューなども行っています。

ヒアリング・分析をもとに目標設定をする

個人の好き嫌いや食事回数、外食の頻度などの課題を把握しつつ、美容やダイエットなどの目標設定を決めていきます。
目標に応じて食生活の指導やサプリメント指導・ファスティング提案を行い、すぐに取り組める具体的なプログラムを実施していきます。

カウンセリング後は、利用者の相談やフォローに徹しながら一緒に理想的なダイエット・ビューティーを目指していくのがプロラボサロンの魅力です。

プロラボサロンは美容の専任担当として利用者に寄り添いながら管理栄養士の知識を実践的に活用できる職場です。
入社後は、酵素栄養学の知識を習得することで適切な専任のプロとしてカウンセリングを行っていきます。
スペシャリストの道に突き進みながら自分自身の「美」や「健康づくり」に大いに役立たせることができるでしょう。

管理栄養士として、美容の現場で活躍したい、とお考えの方はぜひエステプロ・ラボサロンへ。
以下のフォームよりお申込みくださいませ。

※運営元である株式会社エステプロ・ラボは「株式会社プロラボ ホールディングス」に社名変更いたしました。

お問合せもお気軽にどうぞ。

エントリーが完了いたしました。 担当者からのご連絡をお待ちくださいませ。

{{data.title}}
{{data.subtitle}}
{{row.label1}} *
       
{{ row.answer }}

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー