【管理 栄養士 】ダイエットにまつわる求人情報

ダイエット 求人

管理栄養士と聞くと食品関係や医療福祉、教育関連の職場で活躍するイメージを持っていませんか?

実は美容関係でも管理栄養士の知識が求められており、ダイエット関連で管理栄養士を募集する求人も増えています。
ダイエットに関係する仕事には何があるのか、また管理栄養士がダイエット関連の求人を探すにはどうすればいいのかご紹介しましょう。

ダイエットにまつわる仕事はジムのインストラクターだけじゃない!

ダイエットにまつわる仕事というとジムのインストラクターを連想されるでしょうが、それ以外にもダイエットに関係する仕事はたくさんあります。

インストラクター

どのような仕事や求人があるのかご紹介していきましょう。

ダイエット専門クリニック

ダイエット専門クリニックとはサロンとは異なり、医療や整体など様々な視点から、一人ひとりに適したダイエットをトータルサポートしていくクリニックです。

ダイエットクリニック

例えば、ボディトリートメントを行うエステティシャンだけではなく、医師が在籍しており、その人にあった施術により体調を管理します。
管理栄養士ならダイエットに適した食事の指導を行います

他にも体質改善をサポートする漢方薬を処方する薬剤師や、筋肉や骨格を元の位置に整える整体師など、各分野のスペシャリストが在籍しています。

エステティシャン

エステサロンの多くは痩身メニューやダイエットメニューを提供していることがあり、エステティシャンもダイエットにまつわる仕事と言えます。

ほどんとのサロンは手技や痩身機器による施術で痩身を促しますが、ダイエットに特化した専門サロンやインナービューティーサロンの場合は食事療法を取り入れることが多いです。

エステティシャン

なので、エステティシャンとしての知識が技術だけではなく、食事や栄養、酵素などの知識もあると仕事の幅も広がるでしょう。

カウンセラー、アドバイザー

ダイエットに関連したカウンセラーやアドバイザーとして働く方法もあります。

求人ではダイエットカウンセラーやパーソナルトレーナー、サプリメントアドバイザーといった名称で募集されています。
主な職場はエステサロンやダイエットサロン、ダイエットクリニック、ダイエット食品メーカーなどです。

管理栄養士

カウンセラーやアドバイザーは悩みを聞いた上で、それを解決に導くために適切なプランと提案したり、アドバイスしたりする仕事になります。
ダイエットはくじける人が多いので、メンタルケアに関する知識も必要でしょう。

パーソナルトレーナーはマンツーマン形式でダイエットをサポートするトレーナーなので運動指導も必要ですが、相手のニーズに合わせて食事指導を行う役割もあるため管理栄養士の知識は十分に役立ちます。

サプリアドバイザーならメーカーの相談室や商品の営業で、栄養学の知識が活かされるでしょう。

飲食店

最近はヘルシー志向の飲食店が増えており、ダイエット向けやアスリート向けの料理を提供するお店もあります。

ローカロリーな食事を提供するのではなく、健康管理やダイエットをサポートする栄養に着目して、ダイエット中でも美味しくいただける料理を提供しているのです。

管理栄養士であればダイエットメニューの考案や調理の担当、ホールスタッフなら接客や配膳以外にアドバイザーとして活躍できるでしょう。

ダイエット関連資格と管理栄養士の違い

同じ資格でもダイエット関連の資格と管理栄養士は何が違うのでしょうか?
2つの資格の違いやダイエット資格の種類をみていきましょう。

どっちがいい

目的の違い

ダイエット関連資格と管理栄養士の大きな違いは目的にあると言えます。

ダイエット関連資格の目的

ダイエット関連資格は痩せることはもちろん、健康面や美容面に関する知識を色々と身に付けることが可能です。
食事だけではなく運動や肥満予防の知識、意識療法などダイエットに関わる知識をトータルに得ることができます。

管理栄養士の目的

管理栄養士はダイエットが目的ではなく、対象となる人の健康に考慮した食事作りや健康増進を目的にした栄養指導・管理を行う知識や技術を持つ専門家で、食事や栄養の知識に集中しています。

資格の分類の違い

ダイエット関連資格は民間資格、管理栄養士は国家資格に分類されます。

民間資格

民間の団体や企業は独自で審査基準を設け、試験を通じて認定を行う資格です。

6単元で無理なく健康的に痩せるための実践的な指導が身に付く「JOPH ダイエットアドバイザー資格講座」や、ダイエットの基礎知識から肥満予防や改善など、肥満と健康に関する知識を得られる「肥満予防健康指導員」、「肥満予防健康管理士」、ダイエットに活かせるインナービューティーの基礎を学べる「公認インナービューティ トレーナーR(IBT)」などの資格があります。

美容の資格

国家資格

法律に基づき国や国から委託した企業が実施する資格で、業種によっては業務遂行のために必ず取得しなければなりません。

民間資格は業務遂行の上で必須な資格ではないので、なくてもダイエットにまつわる仕事はできますが、資格に中には社会的信用のある資格も多いので、持っていると就職や転職は有利になる傾向があります。

管理栄養士として働くためには、国家資格の管理栄養士を受けて認定を得る必要があります
この資格は栄養士よりも上位の資格となるので、社会でもより信用を得られることでしょう。
給与面でも恵まれる上に、専門的な知識を持っているのでダイエットにまつわる仕事でも自信を持って働くことができます。

受験資格について

ダイエット関連資格と管理栄養士では受験資格にも違いがあります。

ダイエット管理資格の受験資格

民間資格の場合、受験資格の制限は基本的にありません。
なので、ダイエット関連資格を得るために他の資格は必要なく、大学や専門学校に通わなくても、独学で認定を得ることは可能です。
一般的に認定を行う団体や企業が行う講座の受講やテキストで学習し、認定試験を受ける形となります。

勉強

管理栄養士の受験資格

管理栄養士や栄養士の養成課程がある大学、短大、専門学校に入学し、専門過程を修得して卒業する必要があります。
栄養士の上位資格なので試験を受けるためには、まず栄養士の資格を取らなければなりません。

このように、ダイエット関連資格と管理栄養士は様々な違いがあります。
しかし、どちらもダイエットにまつわる仕事では大活躍できる知識を得られることは間違いありません。

ダイエットカウンセリングはどのように行われる?

ダイエットの指導を受ける際に、ダイエットカウンセリングを受けるケースもあります。

ダイエットは、運動や食事制限をするだけでは上手くいかない場合が多く、自力でのダイエットは限界がある場合もあるのです。
ここではインナービューティサロンで行われるファスティングカウンセリングを例にあげて紹介します。

そのような時に、ダイエットカウンセリングを受けることにより、自分に合うダイエット方法を見つけることができたり、ダイエットを成功させる確率が高くなると考えられます。

ダイエットカウンセリングをする中で、一人ひとりが抱えている課題を見つけることができます。

その課題はそれぞれ違いますが、食生活を改善したい、ファスティングの合宿に参加してがっつり体質改善をしていきたい、痩せやすい体作りをしたいなど一人ひとりが考えるゴールに向けて、課題を1つずつクリアしていくために必要なものと言えるでしょう。

ダイエットカウンセリングを行う場合、まず最初に現状を知るためのヒアリングを行います。

管理栄養士など専門知識を持つカウンセラーが、食生活や生活習慣、運動習慣などについてヒアリングを行い、チェックシートを埋めていきます。

管理栄養士になるには

チェックシートからは、食生活に関係するリスクを導き出すことができ、体質を改善するためにはどのようなポイントに気をつけなければいけないのかを知ることができます。

さらに、体組成計測定や血流観察機器などを併用しながらカウンセリングを行うことで、筋肉量と脂肪量のバランス、生活習慣によって影響を受けやすい血流についてもチェックすることができます。

ダイエットカウンセリングを行うことにより、自分自身の体がどのような状態になっているかを知ることができるので、ダイエットや体質改善には大きく役立つことでしょう。

またダイエットカウンセリングは、ダイエットにはもちろん効果的なアドバイスなどをしてもらうことができますが、美容やエイジングケアにも効果を期待することができます。

カウンセリングを受け、食生活や生活習慣を改善していくことにより、体の中から綺麗になることができるため、美容やエイジングケアにも効果が期待できるということなのです。

カウンセリング後は、それぞれの状態に適切な食事指導などが行われるため、結果がついてくる可能性は独学でダイエットを行うよりは高くなることでしょう。

ダイエットカウンセリングを受ける場合は、ダイエットをする中で生まれる疑問点や不安点にも親身に対応してくれる場所がおすすめです。

管理栄養士のダイエット関連求人を探しているなら「プロラボ」がおすすめ

ダイエットに関する仕事には、栄養に関する知識が必要になります。
そのため、管理栄養士という資格は大きな強みになると言えるでしょう。

現在、管理栄養士の求人は少ないと言われていますが、美容に関するサロンなどの栄養指導、ダイエットトレーナーなど様々な働き方をすることができる職種です。

エステサロンや美容に関する企業でも管理栄養士の求人を出している場合がありますが、ダイエット関連求人を探しているという方は株式会社プロラボ ホールディングスがおすすめです。

株式会社プロラボ ホールディングスは、管理栄養士も多く働いている職場なので、管理栄養士の資格を持ちながらダイエットに関する仕事がしたいという人にとっては、非常に働きやすい環境と言えます。

株式会社プロラボ ホールディングスをおすすめする理由

こだわりの商品をプロデュースしている

株式会社プロラボ ホールディングスでは、サロン専門商品の開発や販売、メジャーリーガーである岩隈久志選手が監修している「IWA ACADEMY」との提携などを行っています。

サロン専門商品は、購入する人のことを1番に考え、安心した商品を作らなければいけません。

また「IWA ACADEMY」では、アスリートが実力を発揮できるようにサポートする健康食品の提供を行っています。

そのため、管理栄養士が持つ食や栄養の知識は、株式会社プロラボ ホールディングスが関わっている美容の分野だけではなく、スポーツやフィットネスの分野でも非常に役に立つと考えられます。

商品の安全性を高め、安心して購入してもらうためには、原料や栄養厳選の際に専門的な知識を持つ管理栄養士が必要になってくるのです。

世界で活躍するチャンスをつかむことが期待できる

株式会社プロラボ ホールディングスは、内面美容の大切さを世界に発信しています。

ファッションの祭典であるパリコレに出展している「アンリアレイジ」の公式サポートも行っている株式会社プロラボ ホールディングスは、インナービューティー業界では初めてのパリコレ出店を果たしています。

また、「第89回アカデミー賞」のシークレットパーティにもインナービューティー業界で初めて参加し、ノミネートした作家やトップモデル、ハリウッド女優などが商品を称賛しています。

世界で活躍しているトップモデルからも認知されるようになり、支持する人も増えているため、今後はさらに世界での活躍が期待されることでしょう。

そのため、管理栄養士の知識を活かしながら世界を舞台に活躍していきたいという展望を持ってダイエット関連求人を探している人には、株式会社プロラボ ホールディングスがぴったりなのです。

インナービューティーは、これからどんどん認知度が高まっていく分野なので、グローバルな活躍をしたいと考えている管理栄養士の方にはおすすめできます。

管理栄養士の知識を活かして働くことができるダイエット関連求人では、様々な分野の求人があることでしょう。
最近ではダイエットに関連した資格もあるので、管理栄養士と合わせて取得をすれば幅広い分野での活躍も期待できるでしょう。

その中で、管理栄養士の資格を生かしながら美や栄養のスペシャリストを目指していきたいという方には、グローバルな活躍も期待できる株式会社プロラボ ホールディングスが、特におすすめしやすい企業です。

美容インストラクター 求人

幅広い仕事もできるため、やりがいも感じやすいという理由もあります。

管理栄養士の知識を活かしながら、ダイエット関連の仕事をしたいと考えている方は、株式会社プロラボ ホールディングスも視野に入れて求人を探してみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー